なぜ?あしづかみを導入しようとすると治療院・整体院のリピート率と売り上げが上がるのか?
あしづかみの考え方を学び、足と脚からのアプローチを取り入れた受講者や院長から、

  • リピート率が格段に上がりました
  • 自費治療を受けてもらえるようになりました
  • 通ってもらえてます。売りにくかったプリペイドカードが出るようになりました
と声を頂いています。
あしづかみセラピスト、マスターでお伝えする内容は
  • 体の歪みに対する足からのアプローチができるようになる知識
  • 痛みや症状に対する評価方法
  • 足の筋肉の調整と手技、テーピング含む改善方法
です。

もちろん、治療技術として直接利用可能な技術ではありますが、昨今の治療院経営に求められる強みを備えています。
治療院経営に利用する際の足づかみセラピーの強みは、考え方とそれを患者さんに理解していただく部分であると考えています。

強み1
考え方だけでも、院の既存技術に+α のアプローチができる。

あしづかみは何も、一から十まで患者さんに理解してもらうものではありません。
患者さんの痛みや不調の原因を調べる中で、自然とあしづかみを説明することになります。

 現在の治療院の提供メニューの邪魔にならない。これは、導入時の負担や患者さんに受け入れてもらえない時のリスクがないことを意味しています。
 骨盤矯正で歪みの矯正をしている整体院であったとしても、その骨盤矯正の技術は歪みの矯正施術に使う。あしづかみを歪みが起こりにくい身体づくりに使うという使い方も可能なのです。
 もちろん、外反母趾やO脚といった足のトラブルの時は主力手技として使えます。

強み2
患者さんへの対応が変わり、満足度と信頼度、説得力が上がる

 実は、あしづかみセラピーは【身体が痛む 3つの状態】

1.筋肉組織が損傷している状態
2.筋肉組織が過度の硬直や緩んでいる状態
3.筋肉組織がうまく使えていない状態

のうち2の治療だけでなく、3を見極め、対応することが出来ます。

 近年、アフターケアやリピート商材としてEMSなどを導入している院も増えているとは思いますが、あしづかみは、これらケア分野につながるための評価の部分を伝えています。

 ケアによるリピートが重要になりつつある治療院、整体院の形態で、通う理由に信頼と説得力が加わります。

強み3
他店との差別化

 あなたの院の特徴を伝えるためにあなたはどんな努力をしていますか?
 骨盤矯正を扱う治療院も増え、実感や効果の伴わない施術を受けている患者さんに「ここは違う」という実感を得てもらうのも難しくなっています。あしづかみの説明、評価は、患者さんの状態を診て、個々の症状の原因を追究する院にとっては、このプロセス自体が治療院としての差別化となります。画一化されつつある「背骨、骨盤の歪み」に対しての差別化に利用することが出来ます。

なぜ?あしづかみを導入しようとすると治療院・整体院のリピート率と売り上げが上がるのか?

答えは簡単です。

あなたが、患者さん自身の痛みや症状に向き合い、
通り一辺倒でない治療技術を提供していることを
患者さん自身が分かってくれるからです。

 治療院経営は、現在、治療技術だけあれば何とかなる時代ではなくなった結果、患者さんの一人一人の症状に向き合うのでなく、治療法に合わせた患者対応になりつつあります。
マーケティングも画一化してしまい他院との違いが、外からではわかりにくくなっています。

 どこもかしこも「歪み・骨盤矯正・骨盤のズレ」。他院で歪みを治しても、結局また痛くなる。
私たち治療家は、忘れてはいけません。
患者さん自身は、歪みを治したいでなく、痛みや症状を何とかしたいのだと。

 足づかみセラピーは、「足の大切さを伝える」ことで、治療家が治療方法や集患方法にばかり目を向けるのでなく、患者さんと患者さんの抱える症状に対してしっかりと対応できる力を身につけるきっかけを得た結果、リピート患者さんの増加やアップセールや売上アップにつながる治療院、整体院が増える実績につながっています。

あしづかみを学んでみようとする方へ…
  • あしづかみは、決して今までのあなたの持っている技術を否定するものではありません。
  • どんな治療技術とでも、併用して使える考え方です。
  • 原因と問題の検査~対応までを提供します。
  • 患者さんに身体の歪みを押し付けるのでなく、どうしてゆく必要があるかを自然と伝えられます。

セラピスト講座は、あしづかみのなかでも総論です。

総論となりますが、そこで手にしたあしづかみの視点や、検査の方法を
既存の診療や患者さんの問診や聞き取りの中に入れるように、試してください。

器具が必要なわけでも、特別なメニューを導入する必要もなく試せるわけです。

患者さんと一緒に問題解決を考えることで、患者さんは、技術や整体法でなく、あなた自身を信じてくれるようになります。
そうすれば、既存の技術メニュー、サービスでより利益を上げやすくなります。

これは、あしづかみである必要はないかもしれません。
しかし、そのきっかけがあしづかみセラピーで学んだことであれば、とてもうれしいと私たちは考えます。

あしづかみを通してお伝えすることは、技術自体を選ぶことなく、患者さんの心を掴む治療家としての要素は強化できる情報であると自信を持って言えます。

あしづかみセラピストの講座でお伝えすること

最近、健康の分野でよく聞く「骨盤の歪み」「骨格のズレ」。これが痛みや不調の元とは、多くの人が知るようになりました。

しかし、この「骨盤の歪み」「骨格のズレ」は整えても整えても、またすぐ歪んでしまう。
そう感じているならば、それは、「骨盤の歪み」のもとを理解できていないからかもしれません。

「身体の歪み」への対応にも、足、足裏のアプローチを

一般的な「身体の歪み」に対するアプローチは 

・骨格矯正による支える周辺筋肉の収縮硬直緩和
・筋肉靭帯の硬直を取り除くことによる柔軟性の回復
・基礎筋力強化による骨格維持

など、治療家セラピストによって異なり、症状によっては効果もまちまちです。

これらの考えは、どれも正しく、しかし、症状,状態に合わせて施術しないときちんとした効果は出ないものです。

しかし、これらの治療も、もし、土台が歪んでいたら???

 土台となる膝、足、足裏にゆがみがあったら?
足の筋肉が衰えて、身体を支えていられなかったら?
踏ん張ることが出来ず、グラついたまま、立ち仕事を続けていたら???

正しい姿勢に治しているつもりが、一向に改善していないということになってしまうことも・・・

この「あしづかみセラピスト」で学ぶあしづかみ総論では、脊柱を支える土台の足から健康な身体を作ってゆこうという考え方です。
 あしづかみセラピストでは、現代人が衰えがちな足の機能を取り戻すことで、症状や不調の原因とされる「骨盤の歪み」「骨格のズレ」を改善かつ正しく維持する身体をつくることのできる、あしづかみの総論を学ぶことができます。
もちろん、あしづかみセラピーは今までの技術を変える必要はなく、取り入れることが可能です。
あしづかみセラピーの考え方の基礎を学んで、自身や大切な方への健康の助けとなります。

あなたの技術、考え方を強化し、今まで対応できなかった分野の痛みにも対応することが可能です。

あしづかみセラピストとしてできること

「骨盤の歪み」「姿勢」に関しての具体的な対応と知識を得られる

あしづかみセラピーによる簡単な体操

自社、家庭内など、あしづかみの考え方で指導や施術を行うことができる

予防および、あしづかみ体操などの足に関わるアドバイス

あしづかみセラピストでは、「あしづかみ」(健康を足・足裏から作る)の概論を学びます。
足の機能へのアドバイス、体操、アーチ指導などで院の施術予防に取り入れることは可能です。

しかし、具体的に足の「評価」→ 「手技」を得て、特定の痛み(オスグッド・膝痛・猫背・腰痛・股関節痛)に対応する手技を得るには足づかみマスターを受講いただく必要があります。

受講対象

/柔道整復師 /あんま・指圧師 /理学療法士 /セラピスト /各種治療院、病院 /各種専門家
/看護師 /フットケア /巻き爪 /インストラクター(ヨガ・ピラティス・スポーツ) /ベビーマッサージ

あしづかみセラピスト養成講座内容

 あしづかみ健康法の基礎となる知識から、改善体操まで、足から健康をつくるあしづかみの概論をお伝えします。
すでに、既存の治療の考え方や健康情報にプラスして行うことができる足づかみの知識と体操を講座内でお伝えします。

目標は、「足の基本的な施術できるようになる。院内で患者さんにあしづかみセラピーを指導できる。」レベルまで足と足裏への健康知識を得ていただきます。

提供資料

①問診資料+問診票
②あしづかみ体操、矯正法

スタートアップセミナー

上記資料および、施術法を院内に取り入れる際に、実際の治療院での活用方法や診断、問診の仕方をお伝えし、身につけていただくセミナーです。

セラピスト養成講座日程

日程2019年
 6月23日(名古屋市内)
 9月1日(東京・品川)
時間:5時間を予定(詳細は決まり次第ご連絡。)■懇親会あり
場所:名古屋市内(決定しましたら、情報公開、メールにてお知らせします。) 

金額:60,000円

■お支払い方法は 銀行振込(一括)またはカード(分割払い)などで対応することでできます。
あしづかみセラピストの養成講座は、3時間の講座により知識、技術をお伝えしてゆく講座となります。

講座後は、あしづかみセラピストとして認定証をお渡しし、活動することが可能となります。

お申込みフォームはこちら